「ほうれい線がくっきりしてきた」

「毛穴の開きが大きくなった」

「顔全体がたるんできた」

 

30代を過ぎると、るみが気になる女性は少なくありません。たるみを解決したいけれど、美容外科に行くほどの勇気はない、自宅で何とかしたいと思われる方は、様々なスキンケア用品を試しているのではないでしょうか?

 

 

たるみに効くと謳われている美容液やクリームの中で、今話題のビューティーオープナーはもうお試しになりましたか?ビューティーオープナーは、30代からの年齢肌のトラブル解決に効果が期待出来るスキンケア用品です。

ビューティーオープナー公式
↓↓↓↓↓
ビューティーオープナー

ビューティーオープナーのどんな働きがたるみを解決するの?

 

ビューティーオープナーには、透明感のあるきめ細かい肌、潤いのある肌、たるみのないハリのある肌を作る効果があります。そのような効果を生み出すビューティーオープナーの働きとはどのような働きなのでしょうか?

 

導入力 

どんなに効果の高いスキンケア用品を使っても、肌への浸透力が低いと十分な効果が得られません。ビューティーオープナー美容液には高い導入効果があり、洗顔後につけると、そのあとにつける化粧水や乳液がしっかりと肌に浸透します。その結果、たるみ、しわ、シミなど年齢肌のトラブル改善に効果を上げます。

 

 

年齢肌によって不足する成分を補給 

たるみの原因は、肌の中から弾力繊維や保湿因子が徐々に失われていくことにあります。ビューティーオープナーに配合されている美容成分が、年齢によって減少していく弾力繊維や保湿成分を補います。具体的には、人の肌との親和性が高い卵殻膜エキス、ヒアルロン酸Na、スクワラン、カンゾウ根エキスが配合されています。

 

 

  • 卵殻膜エキス 18種類のアミノ酸、シスチン、コラーゲン、アミノ酸、ヒアルロン酸などの成分を含む人の髪や肌に非常に近いタンパク質 ビューティーオープナーの主成分

 

 

  • ヒアルロン酸Na 網目状の弾力繊維の隙間を埋める粘りのある水分を抱え込む働きをする保湿成分

 

 

 

  • スクワラン サメ類の肝油、オリーブオイル、小麦胚芽油から抽出されたオイルに水素を添加して安定させた成分

 

 

  • カンゾウ根エキス メラニンの生成や肌炎症を抑える甘草の根から抽出された成分

 

 

ターンオーバーの周期を正常化

 

年齢肌のトラブルを引き起こす原因の一つは、新陳代謝が滞り、ターンオーバーの周期が長くなってしまうことです。

 

ターンオーバーの周期が長くなることによって、古くなった角質が肌に残り、スキンケア用品の美容成分が肌に浸透しにくくなってしまうからです。ビューティーオープナー美容液に含まれるシスチンには新陳代謝を促す働きがあり、ターンオーバーを正常化させます。

ビューティーオープナー公式
↓↓↓↓↓
ビューティーオープナー

スキンケア以外にたるみを解消できる方法はある?

 

肌がたるんでしまう原因は、肌内部の弾力繊維や保湿成分が減少してしまうことです。

 

 

この原因に対しては、スキンケアで補うしかありません。しかし、その他の原因に対しては、スキンケアでは補えません。たるみを作る原因と原因に合わせた解決法を考えてみましょう。

 

 

弾力繊維や保湿成分の減少  スキンケアに加えて、弾力繊維や保湿成分の減少を抑えるためには、紫外線を防止する、栄養バランスの調った食事をする、質の良い睡眠をとるといったことを心がけることが大切です。

 

 

表情筋の衰え 年を重ねることによって、肌の内部の成分だけではなく、顔の表情を作っている表情筋も次第に衰えてくるので、顔のたるみの原因になってしまいます。眼輪筋が衰えることで目の下のたるみ、口輪筋、小頬骨筋、大頬骨筋、頬筋、笑筋が衰えることでほうれい線ができてしまいます。表情筋を鍛えるエクササイズ、フェイスマッサージなどで、徐々に表情筋の衰えを改善できます。

 

 

頭皮が硬くなる 頭皮が硬く、動かない状態になると、顔のたるみの原因になってしまいます。ブラッシングや頭皮マッサージをして循環を促し、常に柔らか頭皮を維持するよう心がけましょう。

 

 

姿勢が悪い 関係なさそうですが、姿勢も関係してきます。

 

猫背は顔のたるみの原因の一つです。背中が丸くなると、前肩になり、頭部が前に突き出てしまいます。その結果、胸が後ろに引けた状態になり、首の前側がたるみます。本来、鎖骨の下にある鎖骨下筋がしっかり張っていると、首筋が伸び、頭部の位置も正しく支えられます。その状態であれば、姿勢によって顔がたるむということは起こりません。肩を後ろに回し肩甲骨を下げる、首筋を伸ばす、鎖骨下筋を張ることを心がけましょう。

 

 

また、立ったときに、足裏の重心がほとんど踵にかかっていると、お腹の下のヨガでよく使う言葉の丹田(たんでん)という部分に力が入らず、姿勢が悪くなってしまいます。

 

足を組んで椅子に座る癖があると、骨盤が歪み、やはり姿勢が悪くなってしまいます。立ったときは足裏に均等に体重をかける、椅子に座るときは足を組まず、深く座って背筋を伸ばすなど、日常生活での立ち方、座り方をチェックすることも、たるみの改善に役立ちます。

 

 

たるみが気になっている方は、いつものスキンケアにビューティーオープナー美容液を加えることと並行して、表情筋のエクササイズや姿勢チェックで悩みを解消してくださいね。

シバリのない定期コースで様子を見るのが正解です。

 

ビューティーオープナー公式
↓↓↓↓↓
ビューティーオープナー