ビューティーオープナーは一般的に敏感肌の人でも安全に使えるスキンケア用品です。

 

合成香料、合成着色料、鉱物油、防腐剤、アルコールが一切使用されていない為、敏感肌に過剰な刺激を与えません。肌の状態、体調、体質には個人差がありますので、全ての敏感肌の人が問題なく使えるわけではありませんが、一般的に多くの敏感肌の方が、安全に使っていらっしゃいます。

ビューティーオープナー公式
↓↓↓↓↓

卵殻膜が美容に効果?

 

卵殻膜エキスを使ったビューティーオープナー美容液とビューティーオープナージェルには原料として卵殻膜が使われていています。

 

ゆで卵を剥いた時に見られる殻と卵の間にある薄い膜が卵殻膜です。

 

 

この薄い膜は、卵の中のひなが孵化するまでの間、紫外線や空気中のウィルスや雑菌をブロックしてひなを守ります。そしてそれと同時にひなに栄養を与えて成長させる為、たくさんの栄養成分を含んでいます。

 

 

その中で、人の肌への親和性が高い18種類のアミノ酸、天然のコラーゲンとアミノ酸などの成分は、敏感肌にも肌なじみが良くスキンケアに高い効果を上げます。

 

敏感肌はどのような状態?

 

肌がカサカサしてしまう場合、主に2つの状態があります。表皮の角質が剥がれ落ちすぎて、乾燥してしまう状態と、角質が肌に残ってしまい、乾燥してしまう状態です。

 

 

・表皮の角質が剥がれ落ちすぎて乾燥する

・角質が肌に残ってしまい、乾燥する

 

 

角質が剥がれすぎてしまう乾燥状態は敏感肌、角質が残ってしまう乾燥状態はハイパーケラトーシスです。

 

 

敏感肌は、カサカサするだけではなく、肌が赤らみ、かゆみを感じる、化粧品をつけると沁みて痛いなどのトラブルが発生することもあります。

 

なぜ敏感肌は起こるの?

 

私達の肌の正常なターンオーバーの周期はおおよそ28日間です。皮膚の一番下にある基底層で生まれた細胞が徐々に押し上げられてきて、表皮にたどり着くまでに28日かかるのです。

 

ところが、ターンオーバーの周期が早まってしまうと、まだ十分に成長していない為、肌を守る機能のない角質細胞が表皮に押し上げられてしまいます。その結果、保湿ができない、紫外線やウィルス、化粧品に含まれている成分などの外部からの刺激をブロックできないという状態になってしまいます。つまり、敏感肌は、ターンオーバーが早まることによっておきる肌のトラブルです。

 

 

ターンオーバーの周期が早まってしまう原因

 

多くの場合、ターンオーバーの周期を早め過ぎてしまうのは、間違ったスキンケアです。

 

肌には、角質が急激に失われると、その状態を修復して肌の健康を守る為に、新陳代謝を早めるという働きがあります。間違ったスキンケアで角質を摂り過ぎると、肌はそれを修復しようとするので、ターンオーバーの周期が短くなってしまうのです。では角質の摂り過ぎの原因とどのようなことがあげられるのでしょう?

 

 

洗顔料 洗浄力の強すぎる洗顔料で皮脂を摂り過ぎると、角質層にもダメージを与えてしまいます。特にニキビや吹き出物ができると、洗浄力の強い洗顔料を使いたくなってしまいますが、思春期ニキビ用の洗顔料などは、肌にダメージを与えます。

 

摩擦 クレンジングや洗顔の際に、肌をこすり過ぎることも肌へのダメージになります。強くこすらず、摩擦がおこらないようにすることが大切です。また、化粧水やクリームを肌につける時も、こすらず押さえるように肌に浸透させるようにしましょう。

 

 

ピーリング 古い角質がいつまでも肌に残っていると、ゴワゴワした透明感のない肌になってしまいます。化粧水や美容液の浸透率も低下してしまうので、週に1回程度ピーリングをしている方は多いと思います。確かに良い効果もあるピーリングですが、回数を多くしたり、刺激の強いピーリング剤を使ったりすると、角質が取れすぎて敏感肌になってしまいます。

 

日焼け止めクリーム 敏感肌は紫外線からのダメージも大きいので、日焼け止めクリームをお使いだと思います。ところが日焼け止めクリームの選び方によっては、より敏感肌を進行させてしまうので、注意が必要です。紫外線吸収剤は、紫外線散乱剤に比べて、紫外線をカットする機能が高い、塗りやすい、白浮きしないなどの特性がありますが、肌の上で化学反応を起こします。その為、敏感肌の人が使うと、かゆみや痛みを感じることがあります。

 

 

一方、紫外線散乱剤は、光を跳ね返すという方法で紫外線を防ぐので、肌への負担が少ない日焼け止めクリームです。紫外線を防ぐことは大切ですが、肌へのダメージを抑えるために紫外線散乱剤を使用することをおすすめします。汗で流れやすので、まめに塗りなおすことも忘れずに!

ビューティーオープナー公式
↓↓↓↓↓

 

敏感肌に必要なスキンケア

 

 

洗顔 刺激の少ない洗顔料を十分に泡立て、強くこすらないように気をつけて洗顔する、すすぎを十分する、洗顔後はすぐに保湿する。

 

保湿 保湿機能の高い化粧水や美容液を使う、エタノールや防腐剤が含まれている製品は避ける。

 

クレンジング 肌への負担が少ないクリームタイプ、乳液タイプ、オイルタイプを使う。クレンジングシートは肌への負担が大きいので避ける。

 

ピーリング 敏感肌になっている時にはピーリングは行わない。

 

日焼け止めクリーム 香料や着色料、防腐剤などが含まれていない紫外線散乱剤を使う。

 

敏感肌のスキンケアには、保湿がとても大切です。保湿力が高く、肌に負担をかける合成香料、合成着色料、鉱物油、防腐剤、アルコールなどの成分が配合されていないスキンケア用品で、肌に優しいスキンケアをしましょう。

 

敏感肌に悩んで、化粧品選びに慎重な方は、ビューティーオープナーがかなり良さそうです。

 

ビューティーオープナー公式
↓↓↓↓↓