ビューティーオープナーが年齢肌の改善に効果を上げる理由は、III型コラーゲンに深く関わっています。

 

 

コラーゲンは耳に馴染みのある言葉ですが、実は私たちの体内には、28種類ものコラーゲンはあることが分かっています。

 

 

このうち、皮膚に存在するコラーゲンだけでも、9種類のコラーゲンがあります。その中の一つがビューティーオープナーの美容効果のもとであるIII型コラーゲンです。III型コラーゲンも含めて、コラーゲン全体について確認していきましょう。

ビューティーオープナー公式
↓↓↓↓↓

コラーゲンはどんな働きをする物質?

たんぱく質の一種であるコラーゲンは、私たちの体内にあるたんぱく質のうち、約30パーセントを占めています。

 

 

・お肌の弾力の維持

・髪の毛や爪の健康維持

・骨を丈夫にする

・関節の動きを滑らかにする

 

 

肌の弾力を維持する、髪の毛や爪の健康を維持する、骨を丈夫にし、関節の動きを滑らかにするなどの働きをして、美容にも健康にも重要な役割を果たしています。

 

 

人間の体外では、しなやかな網目状の形態をしているコラーゲンの特徴を生かして作られる人工皮膚や人口血管などで、医療にも貢献しています。

 

コラーゲンの種類による働きの違い

コラーゲンはポリペプチド鎖の組み合わせによって形成されていますが、その組み合わせ方の違いによって、種類分けされています。

 

・I型コラーゲン

体内に最も大量に存在する線維性コラーゲンで、その多くは皮膚に存在して、弾力性を持たせる働きをしています。

 

・II型コラーゲン

関節や軟骨、眼の角膜、硝子体に含まれている線維性コラーゲンで、関節の動きを滑らかにする働きをしています。眼球からコラーゲンが減少すると、乱視や老眼が進行してしまいます。

 

・III型コラーゲン 

組織に柔軟性を与える線維性コラーゲンで、皮膚や臓器に多く含まれています。他の繊維性コラーゲンに比べて繊維が細く、相棒の足場となっていることが特徴です。そしてI型コラーゲンと共存して皮膚の水分を維持しています。

 

胎児の皮膚はIII型コラーゲンで形成されている為、ベビーコラーゲンとも呼ばれています。赤ちゃんの肌がプルプルなのは、III型コラーゲンの働きのよるものです。しかし、18歳ごろから、徐々に減少し始め、25歳を過ぎると急激に減少してしまいます。

 

また、III型コラーゲンは傷を初期段階で修復する働きもしている為、不足すると、肌の保湿が失われるだけではなく、傷の治りも遅くなります。

 

・IV型コラーゲン 

皮膚の基底膜の構造を支える非線維性コラーゲン膜型コラーゲンです。

 

・V型コラーゲン 

主に血管、平滑筋、胎盤に存在する線維性コラーゲンですが、皮膚の上層にあるⅣ型コラーゲンと皮膚の下層にあるⅠ型コラーゲンを結びつける働きもしています。

 

・VI型コラーゲン 

血液や皮膚、骨に含まれている非線維性コラーゲンで、血液を固めて出血を止める、傷を治す、骨を丈夫にする働きをします。

 

・VII型コラーゲン 

皮膚の表皮と真皮の境にあって、表皮と真皮を繋ぐ働きをする非線維性コラーゲン膜型コラーゲンです。また、爪を正常で健康な状態に保つ働きをしています。

 

・VIII型コラーゲン 

血管内皮細胞などが作りだす非線維性コラーゲンで、血液や血管を健康に維持する働きをしています。

 

ビューティーオープナー公式
↓↓↓↓↓

ビューティーオープナーとIII型コラーゲンの関係

 

ビューティーオープナーの主成分は卵の内側にある薄い膜の卵殻膜です。

 

この卵殻膜は卵の中のひなが孵るまでの期間、ひなに栄養を与え、紫外線やウィルスなどからひなを守る働きをしています。その為、卵殻膜には豊富な栄養分が含まれています。

 

 

具体的には、9種類の必須アミノ酸と、9種類の非必須アミノ酸の18種類のアミノ酸が含まれています。そしてこれらのアミノ酸は、人の肌との親和性が高く、私たちの肌の内部にある真皮に含まれる線維芽細胞を活性化させる働きをします。線維芽細胞が活性化することにより、III型コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の産生が促されます。

 

 

肌の潤い、弾力、ハリは、真皮にある網目状のコラーゲン、網目を繋ぎ止めるエラスチン、網目の隙間を埋める粘り気のある保湿因子ヒアルロン酸によって維持されています。その為、卵殻膜に含まれるアミノ酸の働きで、みずみずしく、ハリのある肌が作り出されるのです。

 

 

III型コラーゲンは、年齢とともに減少してしまうコラーゲンなので、20代後半からは肌の弾力と水分が失われ、様々な年齢肌トラブルが発生します。

 

 

肌の弾力が失われることによって、ハリとつやが失われるだけではなく、肌のたるみやシワ、たるみのよる毛穴の広がりなどに悩まされる人は少なくありません。

 

これらの肌トラブルは、肌の表面から保湿成分を塗るだけでは、改善できません。なぜなら、肌の表面から美容成分が届くのは、角質層までだからです。

 

ところが、卵殻膜の含まれるアミノ酸は、真皮での線維芽細胞の活性化を促します。その為、肌の内部で弾力繊維や保湿因子が生まれる量が増え肌の修復をするので、効果が高いのです。

 

ビューティーオープナーで若々しい肌を維持する線維芽細胞を活性化させて、ハリとうるおいのある肌を取り戻しましょう。

 

ビューティーオープナー公式
↓↓↓↓↓↓↓